利用されていない食材を掘り起こす 「気まぐれ研究会」 です。

ギバサ [ アカモク ]

ギバサ [ アカモク ]

学名 Sargassum horneri
分類 ヒバマタ目ホンダワラ科(褐藻)
分布 北海道(東部をのぞく)、本州~九州、伊豆諸島
地方名 じんば、ながも、ぎんばさ、など
利用 日本国内では日本海側の秋田県、山形県、新潟県や京都府などで食用として好まれている。

近年、スーパーフードなどとしてテレビ番組で紹介されたりと注目されているギバサ(アカモク)ですが、日本の近海に多く自生しているものの好んで食べられたり、収穫対象になっている地域はまだまだ少ないようです。
国内産の一般流通はありますが限られた地域からの出荷で、三陸沿岸部では塩釜などの一部の漁業者様などを除けば存在を知っている地元の方が、旬の時期に採取していくらか自家消費されているくらいではないでしょうか?

ギバサなどホンダワラ科の海藻は、自生していたところから切れて離れると流れ藻となって海を漂い沿岸や漁港に堆積します。
時期になるととんでもない量が堆積することも珍しくなく、漁業者や釣り人などにはとんでもない厄介者です。
成長したものは大型トラックも余裕で引っ張れるのではないかというくらい強靭なロープのような状態になります。
複数の切れたギバサが絡まり海を漂ううちに融合して成長を続けて編み込んだぶっといロープの様になります。
漁の網に絡まったり、船のスクリューに絡まったら一大事です。
海上で船のスクリューに絡まったら、海に潜ってナイフなどで切らなければならなくなるそうです。
流れ藻の堆積している中は魚にとっては天国でよい漁場にもなりますので、釣り人はルアーを投げ込みたい誘惑にかられますが、多くの場合、絡まって即死でしょう。

収穫対象には全くならないであろう流れ藻でも、旬の時期には非常においしくいただけます。
ほぼ厄介者としか見られない流れ藻となったギバサを好んで採って食用とする人を見ることはまずありません。
流れ藻となったギバサは厄介者のゴミですから、誰かが採取して食用にすれば、海はきれい(魚は迷惑?)、おいしく食べられ、地元の方々の収益や雇用に繋がるかもしれません。
七ヶ浜町の漁港などにも大量に堆積しますが、好んで採取したり、保存方法や調理方法を追求するような方は私共の関係者以外はいないのではないでしょうか...

ギバサはどんな食べ方が美味しいのか?(試行錯誤中)

これまでの経験

旬には早い若芽(ぬめりがほとんどないの)

  • サラダ ★★☆
    生のギバサまたは乾燥物を戻した後に軽く湯がいたものをサラダに加えるとまあ普通に食べられるかんじです。
    磯の香りとシャキシャキした食感を楽しめます。
  • 酢の物 ★★☆
    生のギバサまたは乾燥物を戻した後に軽く湯がいたものを酢の物で食べてみましたが普通に食べられる感じです。
  • 佃煮 ★★★
    生のギバサまたは乾燥物を戻した後に軽く湯がいたものを佃煮にしてみましたが、昆布の佃煮と比較しますと食感があり磯の風味も味わえます。
    作り方、煮詰め方次第ではありあますが...
  • 汁物 ★★☆
    汁物の具、みそ汁の具としても普通に食べられる感じです。
    乾燥物でとった出汁のほうがおいしいかもしれません。
  • 炊き込みご飯 ★★☆
    うなるほどではありませんが、普通においしいです。
    フコイダンなどの成分がお米に浸透しますので、ご飯はモチモチになります。
    入れすぎるとネバネバになりますので注意が必要です。
  • ふりかけ ???
    ミルサーで挽いてふりかけにしたものをご飯やサラダなどにふりかけて食べるとおいしいのですが、ギバサ以外に何種類も混ざっていましたのでギバサ単体の評価ができません

旬のもの(ぬめりが多い)

  • とろろ ★★★
    生のギバサまたは乾燥物を戻した後に軽く湯がいたものを包丁で叩く(細かく刻む、フードプロセッサーでもよいです)とネバネバ~ドロドロ~になります。
    出汁醤油や生卵などを加えてアツアツのご飯にかけて食べると絶品です。
    食べすぎ注意
  • とろろ汁 ★★★
    ギバサのとろろをよそったみそ汁に適量を放すとこれまた絶品のとろろ汁が楽しめます。
  • とろろうどん、とろろそば、とろろラーメン ★★★
    想像どうりの味です。
  • 海鮮丼 ★★★
    酢飯をどんぶりによそったら、ギバサとろろを適量かけます。
    お好みの海鮮を並べて中央に鶏卵の黄身を乗せ、醤油、ワサビ、薬味などでいただきます。
    そりゃあうまいに決まっております。

未経験(ギバサのうわさ)

  • 天ぷらがおいしい ???
    ギバサの天ぷら、おいしいと思います...カロリーが高そうなので経験しておりません。

ギバサは健康に良いのか?

ギバサをスーパーフードなどとアナウンスしていることもあるようですが、スーパーフードの基準がよくわかりません。
ギバサにはフコイダンが多く含まれておりますので、便秘、胃腸の粘膜異常、高コレステロール、高血圧、高脂血症、免疫異常、肝機能などの改善に期待はできますが、食べ過ぎなどには注意が必要です。
フコキサンチンの含有量も多いようですので、ダイエットにも良いでしょう。
またギバサに含まれるビタミンKは骨からカルシウムが解けでるのを抑えて骨を健康に保つ、動脈の柔軟に保つなどの期待ができるとも言われているようです。
タンパク質やビタミンやミネラルも含んでいますので、健康的な食品だと考えられます。
筆者の経験では、ギバサを食べるとおなかの調子はすこぶる良いようです。

ギバサの成分表(10gあたり)

タンパク質 ≒170mg 脂質 ≒40mg
炭水化物 ≒760mg カロリー ≒1900cal
食物繊維 ≒550mg カルシウム ≒10mg
カリウム ≒116mg マグネシウム ≒9mg
≒160μg ナトリウム ≒55mg
ヨウ素 ≒400μg マンガン ≒23㎍
≒6㎍ 亜鉛 ≒70㎍
ビタミンA ≒81mg ビタミンB1 ≒2㎍
ビタミンB2 ≒5㎍ ビタミンC ≒3mg
ビタミンK

※上記成分量は保証するものではございませんので、目安としてお考え下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 022-253-7451 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お知らせ

ホームページの不具合とお詫び

七ヶ浜ダルス研究会のドメインが手続き不備で、一時保留となってしまい数日の間閲覧できない状況となっておりました。 大変ご迷惑をおかけいたしました。 現在は復旧しております。 【 原因 】 ドメインの登録についての承認手続き …

第8回 宮城「厳選食材」マッチングパーティー ”食旬の会” へ参加いたしますっ

生産者と飲食店をつなげる 第8回 宮城「厳選食材」マッチングパーティー 食旬の会 へ、七ヶ浜ダルス研究会が参加いたしますっ!! 七ヶ浜ダルス研究会は生産者でも飲食店でもありませんが、行ってきます。 きっと、 「あなたたち …

PAGETOP
Copyright © 七ヶ浜ダルス研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »